ガラスを焼き溶かして作る、世界に一つだけのグラスアートアクセサリー。ガラスの個性豊かな形や色を生かすため一つ一つ丁寧に考えながら組み合わせ、玉虫色のアクセサリーを作っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は藝大アートプラザ最終日。
5年前、ここで藝大Bion賞をいただいてから
今まで3000個以上のアクセサリーを販売していただきました。
初めて、自分のアクセサリーを取扱ってもらった店舗でもあり、
こんな場所に置いてもらえるだけでも光栄で、
緊張と不安の中納品していたのを思い出します笑
写真は大好きなスタッフの方々♡
沢山の出会いと、励ましと、ダメ出しで今の私があります。
春は別れと出会いの季節。
来月からは東京芸術大学大学美術館ミュージアムショップでお取扱いいただくことになりましたので、美術鑑賞にいらっしゃる時は是非ご覧下さい^^

2015-03-30.jpg

スポンサーサイト

【2015/03/30 17:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
営業は教育
ものづくりは愛

昨日お会いした方が言ったこの言葉にとてもとても嬉しくなりました。
その方は日本の職人やデザイナーのモノを海外へ営業している方です。
自分にとって営業は売ることじゃなくて、愛をもって作られたモノの価値を共感してもらえるよう教育することかな。と言っていました。

ガラスを一生の仕事にしたいって思って5年。
人を疑うとか、損得を考えるとか、羨ましいと思うとか、そういうことがとっても少なくなったなって思います。

わかりやすくお金を稼げる仕事ではない(むしろ人の倍以上の時間をかけて、やっと人並みに稼げるかも?的な感じ笑)からかもしれないけど、
日々、思いを込めてものづくりができて、
作ったモノを素敵だと買って下さる方がいて、
あなたの作品を取り扱いたいと言って下さる店舗さんがあって、
毎日愛を感じる瞬間が沢山で、まわりもそんな人ばかりになっていって、

もっとこうしたらいいよ。ってお互い正面からぶつかれたり、
相手を心から信じたり、
そんなのが当たり前になりました。

「愛」を仕事にできて本当に幸せ(*^_^*)

ということで、仕事します笑

2015-03-26.jpg

【2015/03/26 23:11】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。